06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

つけかえ 

先日購入したタナカ SAA用の木製グリップを買いました。
saa016.jpg
やっぱり黒のSAAには木製グリップがよく似合う。
今回合わせたのは純正オプションでアメリカンウォールナット製のもの。
まぁ1番安い普通のやつですね(´・ω・`)
この他に黒檀製の物や純銀メダリオン付きパール調グリップもあるよ。
社外品も含めればもっといろいろ。
好みに合わせてカスタマイズできるのは楽しいですねぇ。
僕は普通の木製グリップが好きだけど。

ただ銀色のSAAに限って言えば木製以外のグリップの方が似合うと思う。

・・・パール系とかアイボリー風のとか。
銀色のに木製グリップはあんまり好きじゃない。逆(黒に木製以外)もまた然り。
まぁ結局は好みだし好きなの付ければいいと思うよ。

ついでにガンベルトの時に触れ、今日1枚目の写真にも写ってるカートリッジも。
saa017.jpg
RIGHTのダミーカートリッジちゃん!
見えにくいけどWINCHESTER刻印。REM.UMC刻印タイプもあるよ。
小物類があると一気にそれっぽい雰囲気になっていいよね。

カテゴリ: エアガン/モデルガン

tb: 0   cm: 0

しーきゅーびー 

買ったけど書いてなかったシリーズ!
今回はエアガン。久々の長物だよ!
m4cqb001.jpg
CYMA M4 CQB

米軍の主力装備の1つ、M4カービンちゃん!
電動・・・ではなくエアコキ。当然BB弾の発射は手動の単発のみ。
価格は4000円程度と長物としては結構な安さ。
バリエーションも多数あるけど僕が買った時点では在庫的に選択肢は少なめ。

しかしエアコキのアサルトライフルって一体なんなんだろうね・・・?
フルオートどころか手動の単発だよ。
まぁうち電動使える環境じゃないので。充電池の管理めんどいのもあるけど。

M4カービンはM16の銃身を短縮したり何かいろいろしたもの。
このM4CQBはCQB、近接戦闘に向けてM4カービンの銃身をさらに切り詰めたやつ。
どうせエアコキだし銃身長い方がスナイパーカスタム(笑)とかできてよかったか。
でも僕アサルトライフルはコンパクトな方が好きなのよね。
m4cqb002.jpg
ハンドガードは上下左右の4面にレールがあるタイプ。
何気に通常の円筒形ハンドガードはあまり好みじゃなかったり。
フォアグリップ付属が地味にうれしいですね。あ、あとスリングも付いてるよ!

外観はつや消しの黒でマルイのエアコキハンドガン(18禁)みたいな感じ(何
素材はほぼプラスチックでところどころ金属製。
反面はネジ穴だらけで少し不格好。安いから仕方ないね。
m4cqb003.jpg
見ての通り刻印等はない。まぁ中華の安物なので。
この価格で長物が手に入る時点で十分かなー。
m4cqb004.jpg
ストックは5段階に調整可能。画像は1番縮めた状態。
マガジンは自重で落下・・・しません(何
そして装弾数はまさかの300発! エアコキで300連マガジンって・・・。
コッキング硬いし弾切れより先に手が死ぬんじゃないですかね。

とりあえず思った以上に満足。

・・・この安さで1/1はアツい。
適当に構えて何かそれっぽい雰囲気が感じられるだけで有能。
無刻印やら残念な部分もこの価格なら個人的には許せる。
性能もエアコキとして見れば必要十分。バリエも同系統に限れば割と豊富。
必要以上に期待しなければ結構楽しめるんじゃないかなー。
問題は前にも書いたけど僕は利き腕と利き目が逆だからクソ狙いづらいこと。

カテゴリ: エアガン/モデルガン

tb: 0   cm: 0

タナカSAA 

そんな感じで臨時収入を浪費しまくってる長瀬十波だよ。
苦労せず得たお金は気軽に使えて楽しいなー。
そんな感じで結局我慢できずにSAAのアーティラリーを買いました。
いまさらだけど臨時収入が入って真っ先に買ったものだったり。
saa011.jpg
タナカ コルト S.A.A.45(2nd)

モデルガンじゃなくガスリボルバーの方。
同社の現行ガスリボルバーはカートレスなのが嫌でどうしようか迷ったんだけどね。
しかし食わず嫌いもよくないかなぁって。視野は広く持ちたい(キリッ
それに同じカートレスでも24連発とかアホやってるマルイよりは全然マシと言うか。
いや、できればリボルバーはロマン重視でカートリッジ式にしてほしいけど。

デフォで木製グリップ装備の1stモデルと迷いつつ2ndモデルに。
2ndは戦後の西部劇ブームに乗り再生産されたバージョンっぽいよ。

そんな感じで待望の5 1/2(5.5)インチの銃身!
saa012.jpg
きゃー! 超かっこいい! やっぱSAAはアーティラリーだな。
何か知らないけどアーティラリーはすごい主人公感あるよね。

saa013.jpg
シリンダー周り。ゲートは開くけど前述の通りカートリッジは抜けません。
ベースピンを抜けばシリンダー自体を取り外すことは可能(同社1stは不可)。
買うまで知らなかったけどこれシリンダーが金属製なんですね。
saa014.jpg
うちのはボルトの上がるタイミングが早いのか撃つ度に傷が(´・ω・`)
うーん、みんなそうなのかうちの子がハズレなのか・・・。

BB弾はエジェクターチューブから入れるよ。
本来排莢に使うエジェクターロッドを装填に使うとかやべーな。
装弾数はシリンダーに6発、エジェクターチューブに予備6発。
公式サイトだと装弾数6発、取説だと12発になってる謎。統一感ないな。
すぐ撃てるのは6発だし個人的には装弾数6発だと思ってるけど。

あ、無意味にエジェクター動かすとシリンダー前面に当たってハゲるよ!
あぁそうさ、不用意にガショガショやっちまったさ! 笑いたければ笑うがいいよ!

saa015.jpg
グリップは黒いプラ製で馬と鳥が造形されたもの。
個人的には安っぽい白プラグリップよりはいいかな?
別売りで白パール調プラ、木製(ウォールナット/黒檀)グリップのオプション有。

撃った感じはマルシンのより相当ハイパワーでビビる。
比較対象が非力すぎるだけな気もするけど・・・。
あとこっちの方がだいぶ音がでかい。ガスブロとかよりは静かだけど。
あと構造的なものか燃費はよさそう。
うちのマルシンSAAはガス漏れこそないけどさほど保たないし。

集弾性はリボルバーだしこんなもんじゃないかなぁ。
悪くないけど期待してたほどではない。マルシンのと比べたら差があるけど。
カートリッジを捨てた結果がこれかー・・・みたいな感じが多少。
まぁパッキンが6個ある時点で個体差はどうしてもねー。
それにSAAはそんなに狙って撃つような銃じゃないから(何
あー、でも怒りの荒野で「危険な時ほどよく狙え」って教えがありましたね。

散々言われてるけど遊ぶならマルシン、撃つならタナカかなぁ。
しかしどちらか片方選べと言われると非常に困る。
何というか別物過ぎて一長一短な気がする。
マルシンのは気軽に遊べていいんだけどいろいろとゆるすぎて頼りない。
対してタナカのは見た目のよさやカチッとした操作感が魅力。
エアガンとして総合的な完成度が高いのはタナカだろうね。

でも僕はマルシンのSAAもあれはあれで結構好きなんだ・・・。
やぱりカート式だからかな、謎の魅力があるよね・・・。

カテゴリ: エアガン/モデルガン

tb: 0   cm: 0

ガンベルト 

少し前だけどついに買ってしまったんだよ。ベルト。
普通のベルトじゃないよ。銃を吊るすガンベルトだよ。
gunbelt001.jpg
イースト.A ウエスタンガンベルト
※ベルト以外は別売り

No.060、ベルト単体の方です。主に同社のループホルスターに用いられる。
あと同社のホルスター一体型のベルトも同じ商品名で紛らわしい。

そんな感じでとうとうガンベルトを手に入れたぞ!
すごい。高揚感とやっちゃった感のハーフアンドハーフみたいな(何
いや、だってホルスターと合わせて余裕で2万超えてるし・・・。
下手なエアガンより高いけど牛革製でしっかりした作りだから仕方ないね!
モノがモノだけにそれほど需要もないだろうしな・・・。
ふと素になった時のいったい何をやってるんだ感だけがこわい(´・ω・`)

画像は別売りのホルスターと合わせた姿。ホルスター単体の記事はこの辺り
よりファストドロウ(早撃ち)に適した一体型タイプのガンベルトもあるよ。
そっちはシリンダー辺りの革面積が少なかったりホルスターに角度がついてたり。
ただ左利き用はないっぽい? 左右にホルスターの付いた二丁拳銃仕様ならあるけど。
しかしシングルアクションで二丁拳銃って大変そう(小並感
左右それぞれサミングとか絶対ファニングの方が早いじゃん・・・。
弾切れ時の予備なら右用2つでクロスドロー仕様にした方がよさそうだし。

それはそうとファスト「ドロウ」とクロス「ドロー」の表記揺れ気持ち悪いよね。

・・・それぞれ逆にするとグーグル先生に訂正や「もしかして」される模様。
ファストはドロウでクロスはドローで定着してるカオスさ。
同じジャンル内の同じ言葉で表記が別れてるのが問題。さほど実害はないけど。
個人的にはどっちも伸ばしたい。20mmレールについても同じく。

名前知らないけどカートリッジ挿すところ(弾帯?)は20個。
とりあえずダミーカート6個買って挿したけどそのうち全部埋めたい。
しかしこれ1個400円くらいするんだよ。それがあと14個。地味にお金かかるな。

カテゴリ: エアガン/モデルガン

tb: 0   cm: 4

おきかえ 

久々に銀ダングロックで遊ぼうと思って引っ張り出したら死んでて(´・ω・`)
元から給弾不良が多かったけど完全に死んだっぽい。
時々2発動時に発射されたり発射できなかったりだったのが悪化。
もはやまともに撃てることの方が少ない感じに・・・。

どうせ使い物にならないしー、的な感じで分解してみようか。
上手くやればどこが悪いのか分かって直せるかもしれないし。
しかし十数年前に電ブロM92Fをバラして組み直せなかったトラウマが(´ω`)
あれも撃てなくなっちゃってバラしたら泥沼で直せなくなってなー。
モーター音はしてたからピニオン割れかギアズレだったんだと思うけど。

いや、まぁどうせ壊れてるし余計ダメになってもさほど惜しくないか。
まずググろう。この辺りはネットの分解記が頼りになるね。
とりあえず本体バラした瞬間に中身がバーストすることはないみたい。
構造もある程度予習できるしだいぶ気が楽。

そんな感じでバラしたけどどうにもならなかったよ・・・。

・・・バラす→各部確認→可動部に注油→組み直す、は一応できた。
ただどこが悪いのかはわからないし結局そのまま(´・ω・`)
せめて何がいけないのかさえわかればやりようもあるんだけどなぁ。

見た目の可愛さと手軽さで気に入ってたのにかなしい。
ローパワーすぎることさえ気にしなければ楽しいんだよねあれ。
とりあえず穴埋めがてら10禁エアコキでも買うかー。
神奈川出る時に何故かエアコキUSP持ってきてるんですがね・・・。
同じくエアコキG17LガスブロG18Cもあるぞ!
命がけの逃避行にエアガン持ってきてる場合じゃないんだよなぁ・・・。
まぁロクに準備期間もなく完全にパニクってたし仕方ないね。
今思うともっと他に優先するものいくらでもあったんだけどなー・・・あぁ・・・。

カテゴリ: エアガン/モデルガン

tb: 0   cm: 0