05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ばさ 

なんか適当にヨーヨーでも。
もうプラヨーあればいいやとか思ってたんだけどさ。
今年に入ってから一気にヨーヨーに関する物欲(特にメタル)が復活してじみつら。
そんな感じで今日は少し前に買ったこの子。
yoyo366.jpg
DUNCAN バサクーダ

ちょっと気になってたバサクーダちゃん!
ダンカンクルー、セバスチャン・ブロック氏のシグネチャーモデル。
名前で分かるようにダンカンの名機、バラクーダの系譜。
パッと見だと形状がインバースラウンドからステップラウンドになったのが大きい。
それ以外にも地味にあちこち変わってるっぽいけど。ほぼ全部。

スペックは直径56mm、幅44mm、重さ65gと軽めながら割と平均的なもの。
振った感じは実重量より更に軽めの感触で動かしやすい。
何よりこれ軽い割に回るしやたら安定感があるんだよね。
それでいて安メタルに分類されるであろう6000円だ。いいね。

しかしメーカーのイメージ故かいまいちパッとしないのがもったいない感。
ダンカンのメタルはラプターとエコー以来だけど地味にいい物作るよね。
と言うかエコー以来となると3年ぶりくらいか・・・ダンカンのメタル買うの。
新作出るたびに欲しいとは思うんだけど結局買わずに終わる。
悪くないし好きなんだけどやっぱりなんか地味なんだよ、ダンカン(´・ω・`)

旧ハイパー時代のダンカンを知ってると仕方ない気もするけど。

・・・ラインナップほぼ固定軸だったし。
2期終わり頃に投げ売りで買ったバンフリはなにこれすごいってなったけどな。
比較対象が1期の時のステルスファイヤーやらレイダーだったから。
そんなダンカンだけど最近のプラヨーもメタルもいいものなんだよ。
ただなんか未だに旧ハイパー時代のイメージが払拭しきれず漂ってるだけで。

とにかくバサクーダはおすすめ。扱いやすいし値段以上の性能だ。
なんか地味だから隠れた名機っぽいのが好きな人に特におすすめ(何
それ以外の人にも手にとって見てほしいね。ダンカンのイメージが少し変わるかも。

ちなみにパッドはいわゆるラージスリム(YYFスリム)互換で結構いろいろ使えたり。
と言うか純正パッドがほぼ売ってない上に個人的にはアレな感じだったし・・・。
特にこのサイズのパッドは各社で広く使われてて種類が多いのも強み。

あとうちのは限定版でハーフカラー、ロゴ違いのやつ。
このバージョンは元のバラクーダを意識した骨になったお魚がかわいいっすね。
ぶっちゃけこれが購入の決め手だったりする。デザインは大事よねー。
個人的に普段のダンカンはもう少しデザインにこだわって欲しい感がある。
まぁそれも味といえばそれまでだけど。

カテゴリ: ヨーヨー

tb: 0   cm: 0

« おおいっぽい  |  妥当 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://1073tonami.blog75.fc2.com/tb.php/2795-06b260f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)